白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成28年7月1日(金)  |固定リンク

 

目の眼」8月号、発売いたしました。特集は「古染付と祥瑞 吉祥文にあふれたかわいい大名道具たち」。一七世紀前半という時代は、日本と中国にとって歴史の大きな転換期となりました。日本では一六〇〇年の関が原の戦いを経て、一六一五年の大坂夏の陣で徳川家が勝利し、江戸時代が始まります。また中国では一六四四年に明が滅び、清が大陸の覇権を確立。いわゆる明末清初の動乱ですが、いつからいつまでを明末清初とするかは諸説あるものの、おおよそ明の天啓帝が即位した一六二一年から清の順治帝が死去した一六六一年あたりが該当するとされているようです。この天啓帝の頃、世界の窯業の中心であった景徳鎮は王朝の管理・統制から外れ、陶工たちはそれまでにない多種多様で自由闊達なやきものを作り始めました。そのひとつが古染付です。一見、粗製品にもみえるこのやきものが、江戸時代が始まったばかりの日本で大いに愛され、日本からの注文品も多数焼かれたといいます。今回は、これら雅味あふれるうつわたちを紹介しつつ、最新の研究成果をもとに、近年見えてきた新しい古染付像を紹介します。

















バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約