白洲信哉 SHIRASU SHINYA OFFICIAL WEBSITE


平成27年3月14日(土)  |固定リンク

  東大寺二月堂
からの夜景

 一泊二日、濃厚な「美」と「伝承」の旅でした。

 免停?前最後のドライブになるか、天候をながめながら、車で行くことにした。

 京博の金剛寺、やっぱり無理してよかった。屏風とは正子展以来4年ぶりの再会。毎回発見があるのだが、同時代の作品と比べるというより、別次元の感性、作家性のように思う。今回、お寺の他の作品をじっくりみて、金剛寺風というような独自の美があると僕には感じた。「実景というよりデザイン、装飾性に優れた」と解説にあったが、そんなことを超越した、やはり作家の実景なのだ。現代ではデザインというのかもしれないが、作者の目の前に、四季が次々へ浮かんできて、そのなかに溶け込んだんだ。装飾なんてかれはまったく考えていない。その土地で暮らした画僧が、山河を巡って自然と感得した自然美。屏風はそろそろ修復どきかな。

 怖い怖い大黒天、気品ある獅子、剣は日本一(と書きながら失礼だな)。ご本尊の大日 これも日本一!櫻井さんが到着するまで一周、彼とまた一周。いつか屏風でのみたい。

 それから八坂前で鯖寿司買って土楽へ。福森さんの代車がなんと同じボクスター!三人二台で奈良へ急ぐ。不経済な事極まりない。

 12日、奈良に春を呼ぶ東大寺十一面悔過、一般に言うお水取りに。松明は大混雑なので、蕎麦と和のところで般若湯、エネルギー満タンにして挑んだ。ちょうど、お松明が終ったところで、境内は火で清められ清々しい雰囲気に溢れていた。階段を上り、二月堂から奈良の夜景を眺め、ときを待つ。御籠もりの牛山さんにうながされいよいよ内陣へ、それから朝まで堂内で過ごした。

 今年もまたいろんな発見があった。どちらかと言うとマイナスのことが多かったが、些細な事を気にするより、こうした行が続けられていることに脱帽。今宵が最終日だ。

 帰路、金子さんの顔をみに、福森さんとミホミュージアムに立ち寄る。蕭白だから僕にはあまり関係ないとの思いがあったのだが、北館の企画展は、まさにタイトルとおり「日本美術の愉悦」だった。蕭白じゃなくて、こちらをメインにしたら、違った印象を受けたように思うが、人を呼ぶには蕭白なんだろう。神像にはじまり、小さいながら僕の好みがつづく。「いいじゃない」と言うと金子さんが「ほらね」とちょっと誇らしげ。木、石、景色、、、展覧会の主眼がわかってくる。石櫃の蓋を金子さんが持ち上げた。ときどき暴走する親切な学芸員………。会場の写真はNGだったので写真を撮れなかったが、図録は展示風景に即したつくりになっており、苦心の後がよくわかる。練ってねって、これは仕事してる。期間は長いので皆様是非に。

 ただ、祖母の信楽大壺にはがっかりした。目赤なのか?いや、そればかりではない。骨董は不思議なものと改めて考える。モノはただのモノじゃなく、日々の愛玩があらわれるのだろう。あんなの売っちゃってさ、と呆れたけど、こちらが卒業したのかもしれない。南無阿弥陀仏。


  福森さん(手前)
と発行人!


  二月堂
蝋燭


  行のあと






平成27年3月1日(日)  |固定リンク

 

目の眼」4月号、本日発売です。特集は「豪奢なる金沢」です。金沢の茶陶を伝える旧家・大樋長左衛門邸/加賀料理の正統・大友楼/桃山を敢えて受け入れた金沢文化とは/金沢21世紀美術館・谷庄……、金沢アートスポットガイド/ほか。特集2は「北の祈り みちのくの仏たち」。東京国立博物館で開催中の「みちのくの仏像」展を紹介します。





バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月





お知らせ



「目の眼」ご購入はこちらへ



DVD白洲正子の世界「道行抄・かくれ里を旅する」を頒布中です

Twitter


バックナンバー
平成29年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成28年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成27年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成26年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成25年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成24年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成23年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成22年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成21年
12月11月10月9月8月7月
6月5月4月3月2月1月

平成20年
12月11月10月


Copyright(C) Shinya Shirasu ZIPANGU Co.,Ltd. |個人情報保護方針特定商取引に関する案内会員規約